Robert Taira Wilson

アコースティック / オルタナティブ / フォーク / ポップス / シンガー

1986年5月14日生まれ、イギリス/ロンドン出身。
7歳からギターを始め、10歳から学校などで演奏活動を開始。16歳から作曲を始め、イギリスの大学でバンド「Pacer」を結成。オリジナル曲での演奏活動をスタート。 2009年に、ロンドンの「Roundhouseスタジオ」で、大手レコード会社:EMI主催のレコーディングに参加。その後、2011年8月に来日。ソロアーティストとなる。
2012年8月に、初のソロ作品2曲をiTunesでリリースののち、2013年9月にシングル「Will Be Won't Be」を大手配信各社よりリリース。現在は関東を拠点に、ライブを中心に精力的に活動している。
2015年にロバートは彼のファーストアルバム「Nail and Hammer」をリリースしました。これは音楽ブログ「jammerzine」で今年最高のインディーレコードにノミネートされた
2017年にリリースされたEP「Cold In The Heat」と2019年にリリースされたEP「Shine Shine Child」は、さまざまな楽器のコラボレーションを特色とし、彼の音楽に大きな変化をもたらしました。

Song Title

ロンドンのCDリリス:Cold In The Heat

Out At Sea is inspired by my fading impressions of my earliest childhood memory. I remember being woken in the middle of the night by my dad and taken to the window to watch the snow fall in the street outside. This memory has no sound, no movement and no colour. I cannot be sure that it is a true memeory or a fabrication. Maybe it's several different memories patched together to form one. Memories are fluid, everchanging and fading. Like water they flow and wash away and our bodies are like shipwrecks in that they can resist the tides for only so long. Cold In The Heat contains 6 brand new songs and features collaborations with several London based musicians. This record marks a significant shift in the style of my music with a greater focus on instrumentation and more complex arrangements with strings, double bass, percussion, backing vocals, harp and electric guitar. Prior to 2015 I'd been living in Japan for three years. I came back to London alone to pursue my music and the experience of living away from my family and friends greatly influenced my writing. The themes of isolation and separation feature heavily in the songs. I released the new EP at the National Portrait Gallery in London on August 18th 2017.
no trackplaySong Title

Robert Taira Wilson - Song 1 @ More Than Music Presents

2017年10月7日のMore Than Music Presents:でRobert Taira Wilsonの「Song 1」の曲を撮影されました。Boomachineに撮影されたビデオをここで見てください。

play